買取時には金額比較を

商品券の買取りに必要なもの

商品券の買取には身分証明が必要

商品券の買取取引には身分証明が必要となります。法律上、売買の契約ができる成人の年齢に達していなければいけないということもあり、未成年の場合は、保護者の同意や身分証明書類も必要となります。加えて、古物を売り買いすることになりますので、古物営業法の第15条に従って、本人確認ができる書類を提示し、売買することに同意した署名が必要となるのです。商品券の買取契約が正式に成立した時にのみ必要となりますので、取引をする際には、運転免許証や健康保険証を持って行くといいでしょう。通信販売のサイトの場合は、書類をFAXや郵送で送付することで認められることがあります。

使わない商品券は買取に出す

使っていない商品券があれば買取に出してみましょう。額面100%とはもちろんいきませんが、かなりの金額で買い取ってくれ、よい小遣いにはなるはずです。ポイントとしては、いくつかのショップを比較してみましょう。メジャーなものであっても、ショップによって数パーセント程度の差があることは普通ですし、その地域でメジャーでないものであれば、10パーセントもの差があることも十分にあるからです。せっかく商品券を買取に出すのですから、少しでも高く買ってくれるところを探すのに越したことはありません。もちろん、自分で使うのが一番よいのですが。

↑PAGE TOP